やだ、やだあっかんべー!

 「あっかんべ~」は自分への勇気のことば!
 気の弱い、内気な女の子“とも”、そんなともを丸ごと受けとめはげますおばあちゃん。転校先の天真爛漫な女の子みさき、そして妖怪達。それらの出会い、出来事が、内気な友を前へと一歩踏み出させていきます!
 子ども時代を子どもらしく、たくましく、困難にも真正面から立ち向かっていく勇気、生きていく希望を、この作品を通して感じてもらえたらと思います。また、体験を通しありのままの自分を受け入れ、1度しかない「私の時間」を歩いて欲しいと願っています。

メッセージ

舞台の一コマ

ともちゃんがつちぐもさんをたおしたところがすごかったです。またちがうところのしょうがくせいにすごくおもしろいげきをみせてください。やまをうらないでね。いつもがんはてね。おもしろかったよ。(1年:女子)

ともちゃんがはづかしことがおもしろかた。じゃくもおもしろかた。みんながんばたね。これからもよろしくおぼえとく。(1年:男子)

1ばんおもしろかったのは、さいしょのダンスがおもしろかったです。すごかったのはさいごのダンスです。(2年:男子)

さいしょ、おんがくがながれて、びっくりしましたが、あとからおばあさんがきてみんな、大わらいしてましたよ!
わたしは先生からわらいすぎだよと言われながらわらってました。(3年:女子)

おばあちゃんが見えないジャクと話をしていたところがおもしろかったです。みさきちゃんが、ともちゃんに元気をださせてくれてうれしかったです。ありがとうございました。
(2年:女子)

やだやだあっかんべーをみてきずいたことはともちゃんのゆうきです。なぜかというとおにのじゃくを助けるためにつのをとりかえるところがかっこよかったからです。ともちゃんのゆうきをみてゆうきをもらいました。(3年:男子)

私は「やだやだあっかんべー」を楽しみにしていました。だから、まだかまだかと朝から、あわてていました。私は、ともちゃんがはずかしがりやのところがにているなと思いました。そして、これをDVD にしていたら家でも楽しめるのにと思いました。でも、ねつで休んでいなくてよかったです。(3年:女子)

自ぜんのたいせつさがとても学べました。ぼくは小学校の近くのこんぴら山にもあまのじゃく、土ぐもなどがいるかなと思いつづけています。(3年:男子)

とくにびっくりしたのが仏だんが大きな音を立てバカバカと開いていた所です。でもあれは、じゃくの仕わざだったんですね。ぼくの友だちもすごく笑っていました。ぼくの好きな場面はおばあちゃんの出てくる場面です。(4年男子)

私はこのげきを見て思ったことは、おばあちゃんがおもしろかったのと、土ぐもさんってとてもこわいなーと思いました。ともちゃんだいじょうぶかなーと思ったり、みさきちゃんのせいかくは、私にそっくりだなーとも思いました。「バア」といってひらいたらケラケラわらうお花はおもしろかったし、おにが弱虫のことをごまかしているところは友だちににてるなーとも思いました。(小4女子)

感想文(原文のままお載せしています)

公演要項

〒814-0002 福岡県福岡市早良区西新5丁目5-13 TEL 092-841-7889 FAX 092-841-7896

Copyright © 2008-2018 KAZENOKO-KYUSHU All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン